楽しみながら短期習得

合宿免許のススメ

合宿免許のススメ 合宿免許のススメと題して、そのメリットなどを紹介していきたいと思います。
まず、第一に低価格で免許が取得できるということです。
通常、教習所に通う場合、30万円前後が相場であるのに対し、合宿免許であれば、宿泊費や食費込みで20万円から25万円ほどで済みます。
時間があって低価格で免許が取得したい大学生にとっては、非常に有効な手段だと言えます。
さらに、短期間で免許が取得できるというのも大きなメリットの一つです。
やはり、授業の合間を縫ってとなると早くても一ヶ月以上の期間はかかります。
しかし、これが合宿免許であれば、AT限定で14日間、MTでも16日間で取得可能というのは魅力的だと言えます。
さらに、プラスアルファの魅力として、リゾート地での教習もあるということが挙げられます。
冬場、スキー場の近くであれば、スキーやスノーボードをスキマ時間に楽しむこともでき、一つの思い出となることは間違いありません。
よって、免許取得は合宿免許がオススメです。

合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリット 近年人気の合宿免許にはメリットもありますがデメリットもあります。
デメリットとしてあげられるのはまとまった休みがないと参加できない事です。
夏休みや春休みを利用しないと厳しいです。
普通二輪車であれば最短で9日で卒業可能なのでゴールデンウィークなどを利用すると参加できるかもしれません。
また、予約が遅いと満席になり参加できない場合もあるという事です。
夏休みや春休み期間は混雑します。
それにより定員がオーバーして参加できないので、あらかじめ3ヶ月くらい前から予約を入れる必要があります。
また、短期間で集中して教習を受けるので多忙という事です。
合宿免許は短期間で卒業可能ですが、その分忙しいです。
実技の方は早く慣れる事ができますが筆記は大変です。
ある程度自由がある通学と比べてかなり短い時間で覚えなければいけません。
また、年齢制限もあります。
卒業まで保証をつけているので、補習などの場合教習所側が費用を負担します。
そのため延長する可能性が少ない25歳以下の方を対象にしてる教習所がほとんどです。

新着情報

◎2018/2/20

友人とセットで申し込む
の情報を更新しました。

◎2017/12/21

最近の合宿免許のトレンド
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

合宿免許が向いている人
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

合宿免許のデメリット
の情報を更新しました。

◎2017/5/22

格安な合宿免許に関して
の情報を更新しました。

「合宿 デメリット」
に関連するツイート
Twitter